医師・スタッフ紹介

  • HOME
  • 医師・スタッフ紹介

院長 山内 康彦

1959年に父が「山内医院」を開業し、2007年に「医療法人 山内医院」として親子二代にわたり、この地域のみなさまの医療に携わっています。2007年以前は総合医療センターに勤務し、数多くの臨床経験を積んで参りました。勤務医として勤めていた頃の経験を活かし、どのような病気であっても相談に乗らせていただいています。どの病院に行けばいいのか分からない患者さまでも、まずは当医院に来ていただければ治療できる病気は治療を進め、必要であればほかの病院へのご紹介もさせていただきます。患者さまによい医療を提供できるよう尽力しておりますので、迷うことがありましたらご相談にいらしてください。

ハートフルな医療を目指して

昭和34年、前理事長山内修司は、現在地で山内医院を開業いたしました。当時の標榜科目は、内科・小児科でした。
平成19年6月、医療法人 山内医院となり、12月全面リニューアルし、内科・循環器内科医院として再出発いたしました。同時に院長を長男康彦に替わり、山内修司は理事長に就任いたしました。平成27年山内修司の引退に伴い、山内康彦が理事長と院長の兼任となりました。

経歴

1959年(昭和34年)
現理事長山内修司が、内科・小児科医院として「山内医院」を開業。
2007年(平成19年)
「医療法人 山内医院」となり、内科・循環器内科医院としてリニューアル。
医学博士
元群馬大学医学部非常勤講師
元独立行政法人国立病院機構高崎病院(現・独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センター)循環器科医長
元同救命救急センター 副センター長

所属学会・認定医など


・日本内科学会認定総合内科専門医
・日本循環器学会認定循環器専門医
・身体障害者福祉法指定医
・日本医師会認定産業医